補聴器のこと

 難聴によりお困りの方々に少しでも有益な情報をご提供したく当ブログを開設いたしました。  補聴器の購入を迷われている方々へのアドバイス等をお伝えしてまいります。また、補聴器をつけても聞こえない、高額な補聴器を購入したのに効果を感じない、など補聴器をすでに使用している方々へのお役立ち情報もご提供していきます。  そのほかに補聴器以外の周辺機器についてもご案内させていただきます。  このブログの情報はご参考程度に捉えていただければと存じます。申し訳ございませんが万が一に当ブログの情報で不利益が生じましても、責任は負いかねますのでご了承ください。  

補聴器の種類

前回に続き補聴器の種類についてお話します。

前回は補聴器を以下のように形状べつに分類しました。


(1) オーダーメイド補聴器
(2) 耳かけ形補聴器
(3) ポケット形補聴器
(4) 既成の耳穴形補聴器
(5) 骨導補聴器

 現在主流となっているオーダーメイド補聴器と耳かけ形補聴器については前回お話しました。今回はそれ以外の補聴器についてお話します。

(3) ポケット形補聴器
 ポケット形補聴器は携帯用の小型ラジオのような形状を思い浮かべていただくとわかりやすいかもしれません。本体からコードを伸ばしイヤホンで音を聞きます。本体の大きさはタバコの箱より若干小さい程度の大きさです。
 本体をポケットに入れて使用することが多いためポケット形と呼ばれております。耳かけ形よりも古くからある補聴器です。昔は補聴器本体が弁当箱くらいの大きさだったらしいのです。
 ポケット形は手元でスイッチやボリュームを変えながら聞くことが出来ます。さらに本体が他の補聴器よりも大きいため、細かな動作が苦手な人にも扱いやすくなっています。
 また、本体にマイクが付いているため、本体を話し手の近くやテレビの前に置くと、周囲の雑音より聞きたい音のほうが大きくなるため、明瞭度が増します。
 そして低価格なのも魅力の一つです。3万円~8万円程度で購入できます。
 ただし欠点も多いです。まず、目立ちます。本体はポケットで隠れますが、コードやイヤホンは隠すのが困難です。また、日常ではコードが邪魔になり煩わしく感じるかもしれません。
 また、ポケットがない衣服の場合、本体を手に持つか、本体に紐を通し首からぶら下げる、といった方法をとることになり、これもまた煩わしいです。
 必要なときだけ一時的に使用するのであれば、煩わしさは軽減できますが、常に使用するとなると少ししんどいかもしれません。 

(4) 既成の耳穴形補聴器
 耳の穴に既成の補聴器を入れ聞きます。耳の穴に入れる補聴器はオーダーメイドが一般的ですが、この補聴器は最初から誰にでもある程度は耳におさまるような形状で作られています。耳の穴に入れて補聴器を使用したいけどオーダーメイドを購入する予算がない場合には良いかもしれません。 
 ただし当然ですが耳の穴の形状は誰しも同じではありません。耳の穴が大きい人、小さい人もいれば、耳の穴の中が大きく曲がっている人、まっすぐな人もいます。ですのでオーダーメイド補聴器と比べると耳のおさまり具合は不安定になります。耳からズレ出たり、音が漏れてハウリングを起こすリスクも高くなります。
  
 (5) 骨導補聴器
 他の補聴器は耳の穴に音を入れ鼓膜や内耳に音を届けます。
一方、骨導補聴器は耳の後ろに振動版を当て、骨を伝って内耳に音を伝えます。 
 骨導補聴器の説明の前に少しだけ難聴の種類についてお話します。
 耳のどこに難聴の原因があるか、によって難聴の種類は分かれます。
 耳の穴、鼓膜、中耳は耳の穴の中に入ってきた音を大きくし、音を感じ取る内耳に届けます。 耳の穴、鼓膜、中耳など、音を内耳へ伝える部分に支障があり難聴が生じた場合、それは伝音難聴と呼ばれる難聴になります。
 逆に音を伝える部分は正常ですが、音を感じとる内耳や、さらに奥にある聴神経、後迷路が原因で難聴が生じた場合は感音難聴と呼ばれる難聴になります。
 骨導補聴器の場合、伝音難聴の人に非常に有効です。逆に感音難聴の人には効果が薄いです。伝音難聴の場合、耳の穴から音が入っても内耳までの道のりに支障があるため、聞きづらくなります。そこで耳の穴ではなく、骨を伝って内耳まで音を伝えるのが骨導補聴器です。
 いつも通っている目的地までの道が途中で通れなくなっているので、別の道から目的地へ向かうと想像してみてください。ここでいう「目的地」とは内耳、「いつも通っている道」は耳の穴、鼓膜、中耳になります。「別の道」は骨になります。
 一方で、感音難聴の場合は「目的地」である内耳や後迷路が悪くなっているため、いくら道順を変えても、あまり聞こえの改善にはなりません。
 自分の難聴がどの種類になるのかは耳鼻科で検査を受ければわかります。

 骨導補聴器の形状はメガネ形とヘッドバンド形があります。メガネ形はメガネのつるにマイクやアンプ、振動板が付いています。振動板はマイクで拾い増幅された音を振動で骨に伝える役割があります。振動板は耳の後ろに当てるので、丁度メガネのつるの耳に掛ける部分にあります。
 ヘッドバンド形はマイク、アンプからなる本体と振動板が分かれています。振動板を当てる耳とは逆の耳の後ろに本体があり、コードが付いたヘッドバンドを経由して振動板へ音を伝えます。
 
骨導補聴器をさらに詳しく→
骨導補聴器 (1)

 骨導補聴器の効果は難聴の種類によって非常に大きく分かれます。骨導補聴器を検討する場合はご注意ください。    人気ブログランキングへ
補聴器 ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

補聴器といっても様々な形状があります
今回は補聴器の種類について最新の情報を含め簡単にまとめてみました
補聴器の装用をこれから検討している人に参考になると思います


 まずは補聴器の種類を簡単に分類してみました。 

(1) オーダーメイド補聴器
(2) 耳かけ形補聴器
(3) ポケット形補聴器
(4) 既成の耳穴形補聴器
(5) 骨導補聴器

 上記のうちオーダーメイドと耳かけ形補聴器について今回はなるべく間単に紹介します。
 その他の機種については次回お話します。

(1)オーダーメイド補聴器
 現在の補聴器の主流となる形状の一つです。
 なんといってもオーダーメイド補聴器の魅力は目立たないjことです。
 耳の型を採り、その型から作成します。小さいものであれば耳の穴に補聴器がすべておさまります。また、小さすぎても扱いに困る、という人でも使えるように形状が大きめのものもありますが、耳のくぼみまでで補聴器がすべておさまるので、耳にかけたりすることはなく、他の形状と比べて煩わしくありません。
 また形状による集音効果も魅力的です。オーダーメイド補聴器は他の形状の補聴器に比べ最も耳の穴に近い部分に音を拾う「マイク」がついています。人間の耳たぶは耳の穴に音を集める効果があり、より前方の音を集めやすくしてくれます。この耳たぶの集音効果を最も活かせる形状こそオーダーメイド補聴器です。
 
 オーダーメイド補聴器の種類の中で最も目立ちにくい形状はCIC補聴器というものでした。CIC補聴器は耳の穴の中に補聴器がすべておさまるので非常に目立ちにくいです。
 ところがここ数年でこのCIC補聴器よりもさらに目立ちにくい補聴器が一部のメーカーから出てきました。呼称はメーカーによって異なるようですが、このより目立たない補聴器はCIC補聴器よりもさらに耳の奥に入り、正面はもちろんですが、横から見ても非常に目立ちにくいです。

他にもオーダーメイド補聴器については情報はありますが、今回は簡単に紹介しました。より詳しく知りたい人は当ブログの
オーダーメイド補聴器 (3)へどうぞ。

(2)耳かけ形補聴器
 オーダーメイドと同じく、現在の主流となる形状の一つです。
 補聴器本体を耳にかけ、チューブと耳せんを伝って音が入ってきます。
 オーダーメイドが発売されるようになって一時は減少傾向にありましたが、その後の新技術により再び脚光を浴びるようになりました。
 では最近の耳かけ形補聴器の特徴についてお話します。
 まず、部品の小型化により形状が非常に小さくなってきたことが挙げられます。小さいものだと耳にかけても耳たぶですべて本体が隠れてしまうほどです。チューブも細くなり、従来の耳かけ形補聴器と比べると目立ちにくくなりました。
 次に耳せんに大きな工夫がされたことが挙げられます。どんな工夫かをご説明する前に、少し想像して、出来れば試してもらいたいのですが、耳の穴に異物が入り耳を塞いだらどのようにかんじますか?指で耳の穴を塞いでみてください。圧迫感が生じたりや自声に違和感を感じませんか?
 こういった耳を塞ぐことで生じる圧迫感や違和感の問題に対し、最近の耳かけ形補聴器は耳せんを小さくし、さらにに耳せんにわざと穴を開けて耳せんと耳の穴に隙間をつくることで解決させました。以前の補聴器でしたら、このような隙間をつくれば音が漏れてハウリングと呼ばれる「ピー」という不快な音が生じます。ところが技術の進歩により、ハウリングの発生をある程度抑えることが出来るようになりました。結果、耳の穴を塞がず、それでいてハウリングが生じない補聴器が誕生しました。
 耳かけ形補聴器についての聞こえ具合についても触れておきます。
 オーダーメイド補聴器のような耳たぶの集音効果が活かせません。よって仮にオーダーメイド補聴器と耳かけ形補聴器をまったく同じ調整にした場合、実際に装用するとオーダーメイド補聴器の方がよく聞こえると考えられます。
 ただし、耳かけ形補聴器は全体の大きさがオーダーメイドより大きくなる分、オーダーメイドでは取り付けることが制限される「指向性マイク」が付いた機種が多いです。「指向性マイク」とは前方以外から入ってくる音を抑え、前方から来る音が際立つよう工夫されたマイクです。この「指向性マイク」は構造上、マイクを2つ付けなければならず、補聴器本体にある程度の大きさが必要になるため、目立たないことを優先している小型のオーダーメイド補聴器の場合は取り付けができません。
補聴器(装着図)

結局オーダーメイドと耳かけ形のどっちが良いの?
 どちらが良いのかは、実際に使う人によって分かれます。厳密に言えば、使う人が 
なにを優先するのかによって分かれます。
 例えばオーダーメイドは非常に目立ちにくいのが長所ではありますが、人によっては紛失してしまうという不安を持つ人もいます。
 形状にしても、耳の形にピッタリと合っている方が耳からズレ出る心配もなく安心する人もいれば耳の穴を塞ぐことがどうしても気になる、という人もいます。
 耳への装着にしても、補聴器本体を耳にかけてから耳せんを入れる、という動作がやりづらい人もいれば、本体が小さくうまくつかめないため耳へ入れづらい人もいます。
 補聴器を選ぶ際には、販売員に自分がなにを優先し、なにを不安に感じているかを相談することが出来ればより良い補聴器選びが出来ると思います。そのためにも今回のお話が少しでも参考になれば幸いです。



 

  人気ブログランキングへ
補聴器 ブログランキングへ

↑このページのトップヘ