補聴器の耐用年数は約5年といわれています。もちろん工業製品なので多少のバラつきはありますが、40万円でも数万円の補聴器でも約5年といわれています。

 えっ、40万円も出して5年しか持たないの!? 一生ものじゃないの!? と思うところでしょう。

 補聴器は精密機器です。しかもテレビや洗濯機といった高額な家電と比べると、使用環境がだいぶ異なります。補聴器は外出先でも装用します。雨風に晒され、さらには汗が進入してきます。耳垢だって入ってきます。このような精密機器にとって過酷な環境の中で、補聴器は約5年間がんばってくれます。今尚メーカーは壊れにくい技術を研究していますが、今は約5年が限界です。

 もちろん修理しながら、より長く使うことも出来ますが、かえって費用がかかることが多いです。

 また、5年も経過すれば補聴器の技術も進歩します。5年後はより良い性能のものが開発さられているはずです。5年経つと補聴器が壊れ始め、さらには新しい技術の製品が開発されてきます。ですので「耐用年数」というより「買い替えの目安」と思ったほうがいいかもしれません。

 ちなみに聴力障害により障害者手帳をお持ちの方は所得によりますが補聴器の交付を受けることができます。そしてこの補聴器の交付も5年に1度です。

 補聴器を買うときに「補聴器は一生ものだから・・・」と販売員に言われてすごく高額な補聴器を他店で買わされた、というお客様の話を聞くことがあります。くれぐれもご注意を! 

 
人気ブログランキングへ
補聴器 ブログランキングへ