補聴器のこと

 難聴によりお困りの方々に少しでも有益な情報をご提供したく当ブログを開設いたしました。  補聴器の購入を迷われている方々へのアドバイス等をお伝えしてまいります。また、補聴器をつけても聞こえない、高額な補聴器を購入したのに効果を感じない、など補聴器をすでに使用している方々へのお役立ち情報もご提供していきます。  そのほかに補聴器以外の周辺機器についてもご案内させていただきます。  このブログの情報はご参考程度に捉えていただければと存じます。申し訳ございませんが万が一に当ブログの情報で不利益が生じましても、責任は負いかねますのでご了承ください。  

電話の聞き取り

 いつも当サイトをご覧いただき、ありがとうございます。

 さて、今回は電話での聞き取り改善についてです。

 過去に何度か電話での聞き取りについて記事を書きました。
主に子機を使用したスピーカーホンの使用、補聴器を装用した状態での受話器の当て方、
電話機に繋げる周辺機器について書きました。
これらの方法を試しても電話が聞き取れない方々向けの記事になります。

1.なぜ電話が聞き取りづらいのか
 電話での聞き取りだけのことではないですが、主な原因は言葉が明瞭に聞き取れないこと
にある場合が多いです。内耳や後迷路に支障があり難聴を患われると、どんなに大きな声で話されても、
音としては聞こえても言葉として明瞭に聞き取れない、といった症状が強く現われる場合があります。
 
 今まで当サイトでご紹介した電話の聞き取り改善の方法は、主に受話器からの相手の声を
補聴器や周辺機器により大きくする方法です。相手の声が大きく聞こえるようになるだけで、
電話が聞き取りやすくなる場合もありますが、言葉の聞き取りが非常に困難な方々には効果
が薄いかと思われます。

2.電話の聞き取り改善方法
 言葉の聞き取りが非常に困難な症状の場合、補聴器や周辺機器にて電話を聞き取りやすく
することは困難です。私の知る限りではありますが極端な改善の方法はありません。
ただし極端な改善が難しくとも、少しでも改善が見込める方法をご紹介させていただきます。

 補聴器の機種によっては「Tコイル」と呼ばれる機能が付いたものがあります。
小型の補聴器では搭載されていませんが、ある程度出力の大きな機種であれば付いています。
この「Tコイル」は電線に電流として流された音響信号を拾い上げ補聴器から出力します。
補聴器は通常はマイクに入力された音を増幅しますが、「Tコイル」は電線からの信号を増幅します。
 難聴者用の電話機や一部の一般市販の電話機にはこの「Tコイル」が使用できるものがあります。
受話器に工夫がされており、相手の声を「Tコイル」を使用して聞くことが出来ます。
 
 「Tコイル」を使用した場合、設定にもよりますがマイクから音を拾わずに、受話器からの音だけを
補聴器から出力させることが出来ます。要するに周囲の音はまったく入らず、受話器からの音のみ
を聞くことが出来ます。
 相手の声だけを周囲の雑音の影響を受けずに補聴器が増幅することで、言葉の明瞭度の劣化を
抑える手段です。わかりやすい例を挙げますと、テレビやラジオをイヤホンにて聞いた状態を思い
浮かべてみてください。テレビやラジオのスピーカーから聞くよりも、聞き取りが楽かと思います。
 テレビの音量をいくら上げても聞き取りづらいが、イヤホンなら比較的聞き取りやすい、という
方には効果があるかもしれません。

 同じような手段としましては、最近はブルートゥースを使用した方法があります。電話からの音声を
ブルートゥース信号により直接補聴器から出力させる方法です。こちらも「Tコイル」と同じく、
電話からの音のみを補聴器から増幅し出力させることで、言葉の明瞭度の劣化を抑えます。
 

3.話し方
 少しでも聞き取りやすくするには、話し手の話し方も非常に重要です。補聴器や周辺機器で
電話の音が大きくなっていれば、話し手が大きな声を出す必要はありません。ハッキリ、ゆっくり、
区切って話されるだけで聞き取りが楽になる場合があります。

4.最後に
 前述のとおり言葉の聞き取りが非常に困難な場合、補聴器や周辺機器での極端な改善は
非常に困難です。電話の聞き取りにおいて私の知る限りでは、「Tコイル」「ブルートゥース」の使用が
最も効果的な手段です。しかしながら、これらの手段にも限界があります。
 電話の聞き取りにおきましては、技術の向上とともに新たな手段が開発されるかもしれません。
少しでも皆様のお役に立てるよう、今後も有益な情報は必ずお伝えさせていただきます。
 



 
    人気ブログランキングへ
補聴器 ブログランキングへ

補聴器販売の延長で、いくつかの電話に取り付ける器具を販売、設置したことがあります。
そこで今回は、販売経験を元に電話を聞きやすくする器具についてお話します。

 まず、器具によってはハウリングという「ピー」という音が生じることがあります。
ハウリングについては大体どの器具でもボリュームをある程度上げると生じやすくなります。
また、器具によってはボリュームを上げると「ジー」「ブー」という音が生じることがあります。

 どの器具を使用するにせよ、ハウリングが生じないギリギリの音量にしても音量が足りないようでしたら、使用は難しいかもしれません。取り扱った感想ですが、難聴が高度、重度の場合は試聴してもらっても効果は低かったです。
一方で難聴が軽度、中度くらいの方では試聴をした結果、購入する方が多かったです。特に電話機本体と受話器の間にアンプを取り付けるタイプの器具をお選びになる方が多かったです。実際に私も何度か聞いてみましたが、難聴が軽度、中度くらいであればハウリングしない音量で効果を感じられると思います。また、雑音に関しては通常時よりも「ジー」「ブー」という音は気になりますが、それが原因で聞き取れなくなることはありませんでした。
受話部分にバンドで固定するものは、電話機によっては使いづらいかもしれません。コードレス電話に取り付けるのであれば問題ありませんが、コード付きの電話の場合は受話器を本体へ戻さなければならず、器具が受話器に付いたままだと電話を切りづらいです。電話を取るたびにバンドを取り付けるのが面倒なため、別の器具にするケースもありました。

ちなみにコードレス電話の場合は「スピーカーホン」と呼ばれる機能がついている機種があります。もし、コードレス電話に器具の取り付けを考えていらっしゃるようでしたら、一度この「スピーカーホン」を試してみてください。受話部分の裏側の大きなスピーカーから受話音が出てきますので、それだけで聞き易くなる方もいます。大体はダイヤルの左下か右下に「スピーカー」と書かれたボタンがあり、それで入切出来ます。詳しくはこちらへ→電話が聞きづらい人必見!

難聴の度合いについては、出来れば一度耳鼻科で診てもらうことをおすすめします。また、難聴が軽度、中度でも「音として聞こえても、言葉としてわからない」という症状が強く現れることがあります。その場合は電話の器具の効果が見込みづらくなります。

補聴器専門店では、電話の器具を取り扱っているところが、けっこうあります。
店頭での試聴や貸し出しを行っているところもありますので、もしお近くに補聴器専門店があれば、一度問い合わせてみるのもいいかと思います。   人気ブログランキングへ
補聴器 ブログランキングへ

 補聴器をつけたままだと、電話がかえって聞き取りづらい、ということはないでしょうか。

実際に 「電話を使用するときは、わざわざ補聴器を外してから、受話器をとっている」

という話を聞くことがあります。

 考えられる原因はいくつかあります。その原因と対策について 今回はお話します。

原因1:補聴器のマイクと受話部分が離れている
  これは耳かけ形補聴器でよくあることです。補聴器には必ず音を拾うマイクが付いています。
このマイクに受話器の音が出てくる部分を近づけないと、電話が良く聞こえません。
 耳かけ形補聴器はマイクが耳の上部にきます。 よって、いくら耳の穴に受話器を押し付けても
マイクで電話の音が拾うことが難しくなります。
  対策は受話器の音が出る部分を補聴器のマイクに当ててください。つまり耳かけ形補聴器
であれば、耳の上部に当ててください。そうすることで電話の音は従来より聞き取りやすく
なるかもしれません。
 この文章ではよくわからない、という人は試しに受話器を耳の上部付近に当てて、実際に
電話を聞いてみてください。天気予報(番号177)にかけて、受話器の位置を変えながら
聞いてみてください。耳かけ形補聴器では受話器の当て方で、電話の聞こえが変わることを
実感できると思います。 
 
 オーダーメイド補聴器のような、耳の穴にいれて使用する補聴器はのマイクは耳の穴近辺にありますので、受話器の位置を耳の上にするとかえって聞き取りづらくなりますので、ご注意ください。

原因2:受話器を近づけるとピーピー鳴って聞こえない 
 耳の穴と補聴器(もしくは耳せん)に隙間があると「ピーピー」と補聴器から発振することがあります。これはハウリングと呼ばれる現象です。
 このハウリングという現象は、補聴器に何かを覆いかぶせるように当てると発生しやすくなります。
 受話器を当てることで、このハウリングが生じてしまい、そのため電話が聞き取りにくい、という方もいるかと思います。
 対策としては、試しに少しだけ、受話器と補聴器を離してみてください。あまり離し過ぎると音が小さくなってしまいますが、ハウリングは減少すると思います。
 受話器を近づけるとハウリングしてしまい、ハウリングのないところまで受話器を離すと聞こえなくなってしまう場合は、電話の受話音量を大きくしてみてください。 それでも聞こえにくい場は補聴器店へご相談ください。調整や耳せんの変更などで、ハウリンを抑えることが出来るかもしれません。  

原因3:調整が合っていない 
 補聴器は調整の仕方によって、聞こえがだいぶ変わります。
 補聴器をつければ普通の会話はある程度聞こえるけど、電話になると非常に聞き取りづらい
ようであれば、一度補聴器店に相談し、調整を変えてもらうと効果的かもしれません。
 例えば、補聴器が過剰に大きい音を押さえ込むような調整になっていたとしたら、受話器をいくら補聴器に近づけても、思うように音が大きくならないこともあります。
 また、補聴器の機種によっては、内容の違う調整を複数入れて、環境に応じてそれらを変えながらつかえるものもあります。例えば静かな場所用の調整と、にぎやかな場所用 の調整を入れておき、そのときの環境によって、切り替えながら使うことが出来ます。この機能を活用し、電話用として、電話に特化した調整を入れておき、電話の際にはそれに切り替えて使用することもできます。

原因4:相手のしゃべり方
 補聴器で電話を聞くと相手の声は大きくなるけれど、言葉がわかりづらい、という場合があると思います。 特に話し手がモゴモゴした声だったり、早口だった場合です。
 これらの声に対し、補聴器で極端に聞き易くすることは非常に困難です。
その場合は、話し手にゆっくりはなしてもらえると、聞き易くなる場合があります。音量については調整が合っていれば補聴器で大きくなっているはずですので、無理に大声を出してもらう必要はありません。 相手によってはお願いしづらいところではありますが、ご家族や、気心の知れた人であれば 有効な対策だと思われます。


 あくまで、今回は補聴器をつけると、かえって電話が聞き取りづらい人向けのお話です。
補聴器をつけても、つけなくても電話が聞き取りづらい人向けのお話を次回しようと思います。 
  人気ブログランキングへ
補聴器 ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 今回は電話の聞き取りを楽にする方法をお話します。

 必要なものは電話の子機だけです。難聴者用の電話ではなく、普通に市販されている子機です。
 現在市販されている多くの子機には、スピーカーホンという機能があります。この機能のスイッチはダイヤルの左下か右下にあります。 無題 ←こんなボタンです。
 このスピーカーホンを押すと子機の裏側についている大きなスピーカーから、通常よりもかなり大きな音が聞こえます。
 補聴器を使用しながら電話をするとピーピー鳴って聞こえない、ということがあります。また、耳に掛ける補聴器だと受話器の耳への当て方により聞こえが不安定になることがあります。
 そのようなときはこのスピーカーホンを試してください。耳にピッタリと受話器を当てなくても従来より聞き易くなるのでピーピーなることも減りますし、受話器の当て方も従来より楽になるはずです。
 もちろん補聴器を使用していない人も従来より楽になると思います。

 是非とも一度試してみてください!     人気ブログランキングへ
補聴器 ブログランキングへ

↑このページのトップヘ