今回は補聴器の価格についてお話します。

 補聴器の価格は現在高額なもので1台40万円以上します。さらに両耳で使用するなら2倍の代金がかかります。
 わたしは初めて補聴器のカタログを見たとき、その価格が想像していたものより、かなり高額であり驚きました。
 逆にお求め安い価格だと3万円前後からあります。一言で補聴器といってもその価格はピンからキリまで幅広くあります。では価格の違いによって何が変わるのかをお話いたします。

 まず、値段が高額になるほど補聴器の出力が上がるわけではありません。 難聴は軽度、中度、高度、重度と4つに区分さられます。軽度の人用の補聴器でも低価格のものから高額なものまであります。重度の難聴の人用でも同様です。
 補聴器の価格はその補聴器の機能の多さとその精度で変わってきます。

 補聴器の機能として「ハウリングを抑える」「雑音をなるべく抑える」「環境により自動で調整が変化する」等々、ほかにも色々な機能があります。そして価格が高額になるほど機能が豊富になっていきます。
 また、各機能の精度でも価格は変わってきます。精度とはどういう事かと言うと「雑音をなるべく抑える」機能を例にとってお話します。
 健常な耳であれば雑音と言葉をより分けて聞く、という能力があります。この能力のおかげでにぎやかな場所で会話が出来るのです。しかし、難聴の方々(特に内耳の具合が悪い方)はこの音のより分けが困難になります。 
 やっかいなことに補聴器は健常な耳と同じような音のより分けは出来ません。しかし、完全ではないにしろ雑音をある程度抑え、言葉を浮き上がらせる機能はあります。これが「雑音をなるべく抑える機能」が有益である理由です。高額な機種であれば抑えられる雑音の種類が増えます。逆に低額な機種の場合、、「雑音を抑える機能」自体がないものがあります。また、あったとしても簡単な雑音(エアコンの空調音などの一定に出ていて変動しない音)くらいしか抑えることが出来ません。

 もし予算があれば、より高額な機種のほうが聞きやすいと思います。しかし、、補聴器を使用する人の環境は様々です。一日中家の中にいるため、気になるような雑音がほとんどない環境で過ごされている人もいると思います。どういった場面で困っているのか、を販売員によくお話ください。そして、試聴や貸し出しをしてもらいましょう。可能であれば高額なものと手ごろなものとの聞き比べをさせてもらいましょう。実際に試してみて補聴器の価格と効果が見合うと感じたのであれば、購入しても後悔することはないはずです。

   人気ブログランキングへ
補聴器 ブログランキングへ