今回は補聴器と集音器との違いについてお話します。
法律的な視点からすると薬事法にて定められているか、そうでないか、の違いがありますが、ここでは実際に使用するユーザーの視点からお話します。
 補聴器は基本的に対面販売です。補聴器専門店であれば、聴力を測定してもらい、性能や価格から自身に合う補聴器を販売員と相談しながら選んでいきます。その後、試聴を経て納得したら購入する、というのが一般的な流れです。病院の補聴器外来だと補聴器の選定や試聴に関しては医師の指導の下で販売員が行います。その後、購入したら定期的に補聴器の調整やメンテナンスをしてもらいます。聴力や環境の変化に伴い補聴器の調整が必要になります。

 集音器の場合は通信販売などで手軽に購入できる反面、聴力のデータに基づく調整や、アフターフォローについては補聴器と比べると難しいです。
 聴力や耳の穴の形は人それぞれ異なります。通信販売などで購入した品物が自身の耳に合う調整や形なのか、については、補聴器と比べるとリスクを伴います。
 そして補聴器と集音器との違いで最も気になるのが値段ではないかと思います。補聴器は高額なもので片耳で40万円近くします。一方で集音器の場合は数万円といったところでしょう。補聴器は高額で手が出せない場合や、聞こえに多少困るくらいなので、まずは手軽なもので済ませたい、と考えている人も多いと思います。
 
 経済的な事情や、環境によっては補聴器の購入が困難な場合もあるとは思います。しかしながら出来ることなら病院や認定補聴器専門店で補聴器を購入することをおすすめします。

人気ブログランキングへ
補聴器 ブログランキングへ