補聴器からピーという音が出ることがありませんか。
例えば耳に入れるときや、補聴器を装用した状態で耳に手を当てたりしたときに鳴りやすいです。
これはハウリングと呼ばれる現象であり、故障ではありません。

補聴器はマイクで音を拾います。それをアンプで処理をしてイヤホンから出します。
ですが、イヤホンから出た音を再度マイクが拾い、それをイヤホンから出してまたマイクで拾い……
といった具合に延々と続くことでハウリングが生じます。

耳に入れるときは耳の穴に補聴器や耳せんがまだ収まっていませんので、耳の穴と補聴器や耳せんに隙間がある状態です。この隙間から音が漏れて上記のようなマイク➡イヤホン➡マイク➡イヤホンという循環が生じハウリングします。
耳の中に補聴器や耳せんが収まっている場合でも、耳に手を当てるとハウリングすることがあります。一見補聴器や耳せんが耳の穴に収まっていても、わずかながらでも隙間があるとイヤホンから出力された音が手で跳ね返りマイクが拾ってしまいハウリングすることがあります。

総じて補聴器もしくは耳せんと耳の穴に隙間があると生じやすくなります。また、補聴器のパワーが大きくなるほどハウリングしやすくなります。
オーダーメイド補聴器は耳型から作りますが、時間とともに耳の穴の形状は変わってきます。造りたての頃はハウリングなく使用出ていても、時間の経過とともにハウリングしやすくなることがあります。
耳掛け型の場合は耳せんやイヤモールド(耳型から作る耳せん)も形が合わなくなればハウリングします。
また、聴力が低下し従来よりも音を大きく調整した場合などでもハウリングのリスクは高まります。

最近の補聴器はハウリングのを抑え込む機能が充実してきました。以前と比べれば多少の隙間でもハウリングしづらくなっています。ただし、補聴器のパワーや隙間の大きさによっては、こういった機能だけで抑え込むのが難しい場合もあります。どうしてもハウリングが収まらないようであれば購入したお店にご相談ください。