昔の車のCMでは、車の性能を大々的にアピールしたものが多くなかったですか?
一方で今の車のCMは、車で出かけてキャンプ場や浜辺などで家族が楽しむ描写が多くあります。
車という「モノ」ではなく、車を使って楽しむ「コト」に価値を感じる世の中になったのかもしれません。

では補聴器も同じように考えてみましょう。
補聴器という「モノ」を買うのではなく、補聴器を使って聴こえるようになり楽しく快適に過ごす「コト」を買いたいですよね。
さらに言えば、補聴器の性能を強調し売ることを第一に考えているお店と
補聴器の性能を駆使して快適に過ごしてもらいたい、と考えて販売しているお店、どちらが良いでしょうか。
少々話が飛躍してしまったかもしれませんが、補聴器を長く安心して使ううえで重要なことです。

補聴器屋さんを選ぶ際にはお店の設備や技術・知識も大事ですが、何よりも信頼できるお店かどうか、じっくり考えお選びください。あなたの聴こえが改善して、今よりも幸せに過ごしてもらいたい、と考え行動してくれるお店に出会いたいですよね。