コロナ禍でマスクを着用することが増えました。

耳に掛ける補聴器を使われている方はご注意ください。
マスクを外すときに、補聴器も一緒に外れてしまうことがあります。
小型の耳掛け補聴器の場合は、細いチューブとマスクの紐が絡まって特に注意が必要です。
勢いよくマスクを外した際に補聴器が飛んでいってしまうことがあります。

お客さんからいただいた情報ですが、もし片耳しか補聴器を装用していなようであれば、補聴器を装用していない側からマスクの紐を外し、それからゆっくり補聴器とマスクを同時に外すと良いかもしれません。

マスクと補聴器、さらに眼鏡も加わると耳の上は大忙しです。
せっかく耳に掛けた補聴器も、マスクの紐や眼鏡のツルが邪魔をして耳からずれ落ちてしまうこともありますのでご注意ください。

そこで、マスクの着用や眼鏡を気にする必要がないのが、耳の中に入れるタイプの補聴器です。
補聴器の形状を選択するうえで、今はマスクの着用を想定して、じっくり選んだほうが良いかもしれません。
<