いつもこのブログをご覧いただきありがとうございます。久々の更新です。
 
 今回は補聴器から急に音が出なくなった、ということが起きた場合のご自宅
で出来る対処について補聴器の形状別にお話します。
今回はオーダーメイド補聴器についてご説明します。

オーダーメイド補聴器の音がでなくなる主な原因と対処

 1.音口が耳垢が詰まる
 オーダーメイド補聴器の場合、先端(耳の最も奥にくる部分)に音口と呼ばれる音が
出てくる部分があります。メーカーにもよりますが、音口には白もしくは薄い緑の小さ
な部品が付いていると思います。その小さな部品は網目状になっており、耳垢が
補聴器のなかに入らないようにするための部品です。この部品に耳垢が詰まると
音が出なくなることがあります。対処として、ブラシなどで先端をこすって耳垢を
除去してください。その際、補聴器を上、ブラシを下にして耳垢を落とすように
して下さい。そうしないと耳垢が補聴器のなかに入ってしまいます。
 尚、先端が透明や黒のチューブを出した形状のものがあります。この形状は
販売店側が耳垢がべたついた人用に、耳垢が詰まりにくくするために施した
加工です。万が一このチューブが耳垢で詰まると、上記と同じように音が出な
くなります。チューブの先端でしたらブラシで耳垢が取れると思いますが、奥の
場合は吸い出すのが一番です。といっても自宅では細かなものを吸い出す道具
はないかもしれません。その場合は専門店で見てもらうのがいいと思います。

 2.マイクの入り口が耳垢で詰まる
 上記の音口が音が出るところに対して、音がはいるところが耳垢で詰まっても音が
出なくなります。メーカーにもよりますが、補聴器の耳の外に出ている部分にマイク
が付いています。取り扱い説明書があればマイクの位置が記載されているはずです。
取扱説明書がない場合は小さな穴を探してください。(補聴器の隅についている穴は
ベントと呼ばれる通気穴ですので、ご注意ください)
 このマイクの入り口が耳垢で詰まると音が出なくなりますので、上記と同じように
補聴器を上、ブラシを下にしてこすってください。
 
 3.電池がない
 耳垢が詰まっていないのに音が出ないときは、次に電池を交換してみてください。
稀ではありますが、製造物ですので電池も不良品があることがあります。
特に冬場は電池の働きが鈍くなり、思うように働いてくれないことがあります。
また、使用推奨期限が過ぎた電池であったり、シールを剥がして数週間放置していた
電池などは動作が不安定になることがあります。
 その場合は推奨期限内の電池を新しく取り出し、数秒手で暖めてから補聴器に
入れてください。推奨期限は電池のパッケージ裏に記載されています。
販売されている電池は少なく見積もってもシールを剥がさなければ、購入時より
1年はもつはずです。手で暖めるのは、冬場の寒い時期だと電池の働きが鈍くなる
ためです。(電池の仕組みについては、またどこかで詳しくお話します)
 電池の交換は上記の手順通りであれば、一度で大丈夫だと思います。
たまに何個も電池を入れ替えてから、店頭にお持ちになる人もいますが、一度
新しい電池を入れても症状が改善しないのであれば、べつの原因である可能性が
高いです。シールを剥がした電池が無駄になってしまいますのでご注意ください。

 4.故障
 耳垢、電池を確認しても動作しない、となると故障である可能性が考えられます。
故障の場合は残念ながら店頭にお持ちいただく他ありません。遠くて補聴器店に
行けない、忙しくて補聴器店へ行けない、という場合は郵送で修理を受け付けてくれる
かを販売店に聞いてみるといいと思います。
 販売店によっては修理期間中に代わりの補聴器を貸し出してくれることもあります。
オーダーメイドは残念ながら無理ですが、耳かけ形補聴器なら用意があると思います。
 
オーダーメイド以外の補聴器はこちらで→
補聴器から急に音が出なくなった
 

  人気ブログランキングへ
補聴器 ブログランキングへ