補聴器にとって苦手とする状況がいくつかあります。

その中でも、特に補聴器の効果が出にくいのは、にぎやかな場所での聞き取りです。


 本来、健常な耳であれば、聞きたい音と聞きたくない音を選り分けることが出来ます。

ところが難聴がすすむにつれ、この「音を選り分けて聞く」能力が低下してきます。

特に加齢に伴う難聴や内耳に支障がある難聴の場合は、周囲の雑音の有無で言葉の聞き取りが大きく変わる場合が多いです。

 では、補聴器を装用したら、言葉と雑音をよりわけることができるのでしょうか? 

残念ながら「健常な耳と同じようには選り分けられない」というのが答えです。

補聴器は言葉と雑音の選り分けを完全には出来ません。

エアコンの空調音など常に一定の音の高さと大きさで出ている音は、雑音として認識し抑えることは出来ます。

しかしながら世の中の雑音は一定の音ではなく、変動する音が非常に多いです。

変動する音が言葉なのか、雑音なのかが補聴器にはまだわかりません。

周囲の雑音の有無により補聴器の効果が薄れてしまうことがあるのです。

 一昔前の補聴器と比べると、雑音を除去し、言葉を浮き上がらせることは段々と出来るようにはなってきました。しかしながら、まだ健常な耳には及びません。これが「補聴器の限界」の一つです。

 雑音がある場所での聞き取りの対策として、まず、除去できる雑音であれば可能な限り取り除いてください。
例えば家の中でテレビがついていれば、テレビを消してから会話を始めると聞き取りが楽になると思います。

 周囲の雑踏など除去出来ない雑音の場合は、話し手に近づき会話をしてください。周囲の雑音よりも話し手の声が少しでも大きくなれば、聞き取りが楽になります。話し手が大声を出すのは大変だと思います。ですので近寄ることで周囲の雑音より話し手の声を大きくし、言葉と雑音を選り分けやすくします。

 周囲の方々の配慮は補聴器を使われている方々にとって、とても重要です。前回は話し方をお伝えしましたが、雑音の中でも上記のような配慮があると、日ごろ雑音下で聞き取りづらい方々は助かると思います。



  人気ブログランキングへ
補聴器 ブログランキングへ